2019-04

スポンサーリンク
イプセン

イプセン『野鴨』内容と考察 人間は「真実」に耐えうるのか

イプセン『野鴨』の内容とその考察です。真実、理想、嘘。135年を経てもなお変わらず人間の内面を貫くものを描き出すイプセン後期の作品。価値観の大きく揺れる時代の今こそ、自然主義文学はいかがですか。
小説

『この世のときを』内容と考察 祖国を捨てた老人は、海を前に何を思うのか

ヴィルヘルム・ムーベリ著、『この世のときを』の紹介です。リタイアし、死におびえる移民の老人は、太平洋を前に何を思うのか。兄の死を回顧しながら、老人は少しずつ人生の一回性と死を受け入れていきます。スウェーデンの国民的作家唯一の邦訳作。
小説

『燃えよ剣』あらすじと考察 土方歳三からリーダー像を学べ

司馬遼太郎『燃えよ剣』の紹介です。あらすじや内容から感想考察まで。新選組副長土方歳三の、節義に貫かれた人生を描く物語。リーダーとはどうあるべきか。何を基準に人生の選択をしていくべきか。それらの答えのひとつが詰まった作品です。
小説

『水曜の朝、午前三時』内容と考察 忘れられない人は、いますか。

死を前にした母親の語る、大阪万博を舞台にした若き日の叶わなかった恋。彼女はそれを通して娘に何を伝えようとしたのか。生きることはどういうことか。単なるラブストーリーの枠を大きくはみ出た、メッセージが強く胸を打つ物語。
小説

『私のイサベル』内容と考察 北欧スウェーデンから毒親サスペンスが襲来!

世界35か国で出版!『ドラゴン・タトゥーの女』のスウェーデン発の毒親サスペンス。ひとりの女学生とそのふたりの母親が出会うとき、衝撃の過去が明らかに…原題 "SÄG ATT DU ÄR MIN" の意味もあわせて考察します。
スポンサーリンク