2019-12

スポンサーリンク
その他日本人作家

夏目漱石『三四郎』あらすじ感想考察 新旧の価値観に挟まれた青春

夏目漱石『三四郎』の紹介ページです。あらすじと感想、自分なりの考察を加えています。20世紀初頭、イプセン風の価値観とそれまでの因襲が混在した日本の社会で繰り広げられる静かで激しい恋模様ー
その他日本人作家

夏目漱石『草枕』あらすじ感想 最後の場面はこう読んだ!

夏目漱石の『草枕』のあらすじと感想の紹介ページです。漱石の筆を存分に味わえるこの作品。最後の場面がどんな意味を持っているのかを考えます。
実用書

出口治昭『座右の書『貞観政要』』まとめと感想 教養人の必読書かも

出口治昭『座右の書『貞観政要』』の紹介ページです。唐の太宗・李世民とその側近たちの問答を記録したリーダーの教科書『貞観政要』を座右の書とする出口さんが解説する書籍です。リーダー、教養人必読の一冊!
浅田次郎

浅田次郎『大名倒産』あらすじ感想 ひとの意志で奇跡を起こせ!

浅田次郎『大名倒産』のあらすじと感想の紹介ページです。時は江戸時代。25万両の借金を抱えた家の殿様を押し付けられた男が、家の再興を目指し走り回る物語!男の熱い心は、周囲の人々、さらには神々までも突き動かす!笑って泣ける、浅田次郎の新しい傑作です!
その他日本人作家

太宰『斜陽』感想と考察 他人の死の選択を否定する権利はあるか

太宰治『斜陽』を読んで考え始めたこと。それは、「ひとに死を選ぶ権利はあるのか」そして「それをとめる権利は他者にはあるのか」です。いまの自分なりの考えをここに残します。この答えの出そうもない問いに対するあなたの考えを教えてください。
その他日本人作家

太宰治『斜陽』人間は恋と革命のために生まれる

太宰治『斜陽』のあらすじと感想の紹介ページです。没落していく貴族の姿と悲しい恋を描いた、社会に大きな影響を与えた作品です。ひとはなんのために生まれ、死ぬのか。必見です。
スポンサーリンク