その他日本人作家

スポンサーリンク
その他日本人作家

恩田陸『蜜蜂と遠雷』あらすじ感想 だれもがヒーローを待っている!

恩田陸『蜜蜂と遠雷』の読書感想文ページです。ピアノの国際コンクールでぶつかりう4つの才能。青春の匂いが詰まったこの作品を、こう読みました!きっとだれもが、自分のヒーローが現れるのを待っている…!
その他日本人作家

川端康成『雪国』あらすじと感想 利益のない読書だっていいじゃない

川端康成『雪国』のあらすじと感想の紹介ページです。ノーベル賞作家の代表作を読んで思うこと、考えたこと。もの凄ささえあるその美しさに圧倒される読書体験です。
その他日本人作家

悲劇を演じる祖国日本のみんなへ ~『虞美人草』に想う~

日本はいま、悲劇を演じているといっても過言ではないでしょう。政治腐敗を筆頭に、挙げればきりがありません。漱石の『虞美人草』を参考に、脱出方法を考えます。こんな祖国を目の当たりにして、悲劇のヒロインとして心中するのか、正義のヒーローとして祖国の誇りを取り戻すのか。あなた次第です。
その他日本人作家

夏目漱石『三四郎』あらすじ感想考察 新旧の価値観に挟まれた青春

夏目漱石『三四郎』の紹介ページです。あらすじと感想、自分なりの考察を加えています。20世紀初頭、イプセン風の価値観とそれまでの因襲が混在した日本の社会で繰り広げられる静かで激しい恋模様ー
その他日本人作家

夏目漱石『草枕』あらすじ感想 最後の場面はこう読んだ!

夏目漱石の『草枕』のあらすじと感想の紹介ページです。漱石の筆を存分に味わえるこの作品。最後の場面がどんな意味を持っているのかを考えます。
その他日本人作家

太宰『斜陽』感想と考察 他人の死の選択を否定する権利はあるか

太宰治『斜陽』を読んで考え始めたこと。それは、「ひとに死を選ぶ権利はあるのか」そして「それをとめる権利は他者にはあるのか」です。いまの自分なりの考えをここに残します。この答えの出そうもない問いに対するあなたの考えを教えてください。
その他日本人作家

太宰治『斜陽』人間は恋と革命のために生まれる

太宰治『斜陽』のあらすじと感想の紹介ページです。没落していく貴族の姿と悲しい恋を描いた、社会に大きな影響を与えた作品です。ひとはなんのために生まれ、死ぬのか。必見です。
その他日本人作家

夢野久作『瓶詰の地獄』あらすじ感想、解釈 筆者による地獄への招待状か

夢野久作『瓶詰の地獄』のあらすじと、考察解釈ページです。無人島に遭難した男女からの3通の手紙から浮かび上がってくる謎を解き明かせ…!読者の数だけ解釈がある、そんな作品です。
その他日本人作家

小林多喜二『蟹工船』あらすじ感想 その闘争の果てに我々は何をみる

小林多喜二『蟹工船』のあらすじと感想、考察です。資本主義が大きなうねりを伴って日本を覆った時代。搾取される彼らは何を思い、どう行動するのか。この闘争の果てに我々は生きている。
その他日本人作家

泉鏡花『高野聖』あらすじ感想 すべての男を惑わせる美女の正体は

泉鏡花『高野聖』のあらすじと感想、考察の紹介です。修行の身である僧すらも惑わせる魔性の女性。彼女との不思議な体験の数々。そして最後に明かされる、彼女の秘密とは… 百年以上にわたって評価される泉鏡花の名作です!
スポンサーリンク