海外の作品

スポンサーリンク
海外の作品

『星の王子さま』あらすじと感想 想像力を失っていくこの国で

サンテグジュペリの『星の王子さま』のあらすじと感想、考察です。長く読み継がれてきたこの作品を、読み返すべきときは、今なのかもしれません。悲しいニュースばかり流れるこの国の人々に想像力を思い出させてくれるこの作品。小説の持つ力が発揮される時が、ついにきました。
海外の作品

『アルジャーノンに花束を』あらすじと感想 僕が僕であるために

『アルジャーノンに花束を』の紹介です。低知能の30代男性が、知能向上手術を受けて残す日記を読んでいきます。急速な知識の増加と、それに追いつかない情緒的な部分。莫大な知の獲得の先に、彼は何を見るのか。そして、恋の行方は。
海外の作品

カポーティ『草の竪琴』あらすじと考察 閉じた環の連続である人生のなかで 

カポーティの『草の竪琴』の紹介です。両親と死別した少年コリンの、16歳の日の思い出。社会のはみ出し者たちが木の上の家に集まり、普通や一般を好む社会と向き合います。そしてコリンは言うのです。人生はらせん状ではなく、閉じた環の連続であると。
海外の作品

ラーゲルクヴィスト『巫女』あらすじと考察 ノーベル賞作家の神観

スウェーデンのノーベル賞作家ラーゲルクヴィストの『巫女』の紹介です。街を追われた老婆はかつて有名な巫女でした。神を体験した彼女が人生を振り返り、神とは、人間とは、群衆とはなにかを語ります。
小説

『この世のときを』内容と考察 祖国を捨てた老人は、海を前に何を思うのか

ヴィルヘルム・ムーベリ著、『この世のときを』の紹介です。リタイアし、死におびえる移民の老人は、太平洋を前に何を思うのか。兄の死を回顧しながら、老人は少しずつ人生の一回性と死を受け入れていきます。スウェーデンの国民的作家唯一の邦訳作。
小説

『私のイサベル』内容と考察 北欧スウェーデンから毒親サスペンスが襲来!

世界35か国で出版!『ドラゴン・タトゥーの女』のスウェーデン発の毒親サスペンス。ひとりの女学生とそのふたりの母親が出会うとき、衝撃の過去が明らかに…原題 "SÄG ATT DU ÄR MIN" の意味もあわせて考察します。
小説

アンデルセン『人魚姫』あらすじと考察  テーマと失恋の理由

アンデルセン『人魚姫』の紹介です。多くの方が読んだことがあろうこの作品。一体テーマはなんでしょう。人魚姫の恋がかなわなかったのはなぜでしょう。知っていると思い込んでいる作品を読み返して考えるのも楽しいですよ!是非どうぞ!
小説

『ミレニアム1ドラゴン・タトゥーの女』あらすじと考察 スウェーデン発、最強のミステリー

Stieg Larsson著『ミレニアム1ドラゴン・タトゥーの女』の紹介です。あらすじから感想考察まで!ジャーナリストのミカエルと天才ハッカーが少女失踪事件に挑みます。スウェーデン語原作のサブタイトルまで踏み込んで考察!現代スウェーデンの闇を描く、世界的ミステリー作品です。
スポンサーリンク