浅田次郎

スポンサーリンク
浅田次郎

浅田次郎『大名倒産』あらすじ感想 ひとの意志で奇跡を起こせ!

浅田次郎『大名倒産』のあらすじと感想の紹介ページです。時は江戸時代。25万両の借金を抱えた家の殿様を押し付けられた男が、家の再興を目指し走り回る物語!男の熱い心は、周囲の人々、さらには神々までも突き動かす!笑って泣ける、浅田次郎の新しい傑作です!
浅田次郎

今日の気分で浅田次郎診断 質問の答えでおすすめを表示します!

二択の質問に答えるだけで、きょうのあなたにぴったりの浅田次郎おすすめ作品がわかっちゃう!浅田次郎を読んだことがない方はこれを機にデビューを!すでに大好きな方は自分の推しが出るか試してね。
浅田次郎

浅田次郎『おもかげ』あらすじ感想 これはきっと、あなた自身の物語

浅田次郎『おもかげ』の紹介です。忘れなくては生きていけない、そんな苦しい過去の持ち主竹脇正一は、世の中の不幸の標本のような人。倒れた彼は、病院のベッドで見る幻の末に何を選択するのか。浅田次郎の新たな傑作。号泣必至です。
小説

浅田次郎『獅子吼』内容感想考察まとめ『かわいそうなぞう』復活

浅田次郎『獅子吼』の紹介です。戦争中、動物園のライオンが主人公。彼を殺すよう命じられたのは彼の元飼育員。死を前にしたライオンの勇者としての行動とは。『かわいそうなぞう』が浅田次郎の筆によって生まれ変わります。
小説

浅田次郎『蒼穹の昴』感想考察あらすじ 時は清朝、立身出世の物語

浅田次郎『蒼穹の昴』の紹介です。清末を舞台にふたりの若者が理不尽に立ち向かう立身出世の物語。西太后や光緒帝、袁世凱ら実在の人物も絡めて紡がれる浅田次郎中国史シリーズの第1作。是非読んでみてくださいね!
小説

浅田次郎『日輪の遺産』感想考察あらすじ 国の誇りを掘り起こせ

浅田次郎『日輪の遺産』の紹介です。読めば勇気が湧いてきます。第二次世界大戦の最中にマッカーサーから奪った財宝。それを隠す極秘任務にあたる男たちと女学生たち。彼らが下す決断とは。日本人の魂を取り戻そうとする感動の物語。泣きたい人はぜひどうぞ!
小説

浅田次郎『壬生義士伝』感想考察あらすじ 義を貫いた最後の侍

浅田次郎『壬生義士伝』の紹介です。あらすじから感想考察まで!おすすめ度4.5/5点!幕末の、ある新撰組隊士の物語。紹介者の座右の書です。「義」とはなにか。侍とはなにか。ひととして生きるとはどういうことか。是非読んでみてくださいね!
スポンサーリンク